宗教 政治 日めくり 本質的な事・真理 歴史 考え方 詩と童謡(自作) 願いと祈り

h皇室の伝統について思うこと | 占領政策の過ちh皇室の伝統について思うこと | 占領政策の過ち

日本が敗戦してからは アメリカの国は日本を 弱体化する意図を持ち 色々おかしな事柄を 押し付けて来たものだったが 中でも天皇中心の 国柄の事は容赦せず 例えば「人間宣言」や 「皇室典範」の書き換えなど 様々な事がされたも […]

あの世・死後 宗教 政治 日めくり 有名人に 本質的な事・真理 歴史 考え方 詩と童謡(自作) 願いと祈り

h私には夢がある | キング牧師を偲んでh私には夢がある | キング牧師を偲んで

1月15日の今日は、あのマーティン・ルーサー・キング牧師の誕生日でした。 キング牧師の夢とは、人類全体の夢である筈なのに、今も民族の対立は続いています。それは本当に悲しいことです。 けれども民族の融和ということを「夢」と […]

宗教 日めくり 歴史 考え方

h他宗批判や異端視を悲しむ | 寛容な心をこそ | 日蓮正宗その他のこと。h他宗批判や異端視を悲しむ | 寛容な心をこそ | 日蓮正宗その他のこと。

今日は12月19日 今 日めくりの記事のため その日のことを調べていて 今日が誕生日の人物で 日顕という名があった これは日蓮正宗の 創始者だったという人だ 先日も日蓮正宗の サイトをたまたま目にしたが 他宗の批判が大半 […]

古典と私の詩と 幸福と成功と 日めくり 書籍 有名人に 考え方 詩と童謡(自作)

h谷川俊太郎が読まれる訳は?h谷川俊太郎が読まれる訳は?

前にネットで読んだのだが 詩は最近は読まれなくて 詩を書くだけでは食べゆけず 詩人は副業をしているが ひとり谷川俊太郎は 詩だけで生活できるという なのでそのことを聞いてから 何故なのだろうと考えたが 作品を見れば明らか […]

あの世・死後 宗教 日めくり 有名人に 本質的な事・真理 歴史 考え方 詩と童謡(自作)

hノストラダムスは何故未来を予知できたのか?hノストラダムスは何故未来を予知できたのか?

ノストラダムスという人は どうして未来を予知できたか 皆が不思議に思うだろう 人の本質は心であり その心とは生きたままで 本体は霊の世界にあり それらの心の集合が アカシックレコードと称されて 超能力者はそれを読み 過去 […]

四季の詩 幸福と成功と 日めくり 有名人に 歴史 考え方 詩と童謡(自作) 郷愁の詩

hグランドマ・モーゼスの 絵と生涯に学ぶ | 私の詩を贈りますhグランドマ・モーゼスの 絵と生涯に学ぶ | 私の詩を贈ります

12月13日の今日は、あの有名な画家のグランドマ・モーゼスさんの命日です。 季節が移ればその季節の 絵を眺めたく思うので あのグランドマ・モーゼスの 絵のカレンダーを買いました かのブリューゲルの絵のように そこには農家 […]

あの世・死後 古典と私の詩と 宗教 日めくり 有名人に 本質的な事・真理 歴史 考え方 詩と童謡(自作) 願いと祈り

hムンクに惹かれる理由とは?hムンクに惹かれる理由とは?

12月12日の今日は、あの「叫び」等で有名なムンクの生まれた日です。次の詩を贈ります。 ムンクの絵には何故か惹かれ 展覧会に行ったものだ あの有名な「叫び」にせよ その他のどんな作品も たいてい暗いものが多く それなのに […]

政治 有名人に 本質的な事・真理 歴史 考え方 詩と童謡(自作)

h佐々淳行 | 危機管理と国防について思うh佐々淳行 | 危機管理と国防について思う

12月11日の今日は、日本の危機管理のプロであった佐々淳行氏の生まれた日でした。 次の詩を送ります。 佐々淳行という人は 警察組織のトップにいて 例えば、あさま山荘の 事件等でも活躍し 危機の回避に努めてきた その実績が […]

スポーツの詩 名言集 幸福と成功と 日めくり 有名人に 考え方 詩と童謡(自作)

h谷亮子さんの名言などh谷亮子さんの名言など

谷亮子さんの名言を 前に記録しておりました。 今回発表いたします。 相手が怪我をしていたら、そこを攻めてあげるのが優しさ。 相手を崩して、ふところの中にはいりこむと、相手はとっても軽くなるものなんです。 オリンピックは確 […]

あの世・死後 古典と私の詩と 宗教 愛とは 政治 日めくり 有名人に 本質的な事・真理 歴史 考え方 詩と童謡(自作) 願いと祈り

h「フィンランディア」「トゥオネラの白鳥」シベリウスの曲について | 新作の詩ですh「フィンランディア」「トゥオネラの白鳥」シベリウスの曲について | 新作の詩です

12月8日の今日は、フィンランドを代表する作曲家のシベリウスが生まれた日です。次のようなことで知られています。 ヤン・シベリウスの名曲は、 みなフィンランドにゆかりがあり、 それは「カレワラ」という民族詩に 基づいたもの […]